血液センターっていったいどんな職場なの?

 

sukiru血液を必要としている患者さんは
決して少なくはありません。

輸血という形で血液が必要、
血液製剤という形で血液が必要など、
さまざまな患者さんがいます。

 

このような患者さんのために、
健康なドナーから血液を提供してもらう仕事が、
血液センターで働く看護師の仕事にあります。

運営母体は各地域にある赤十字血液センターで、
さらにそれを束ねている日本赤十字社が
血液センターで働くスタッフの労働環境を整えています。

 

医療を底から支える仕事として、
献血に携わる仕事はとても重要です。

そこで働く看護師をしっかりと確保するためには、
やはり働きやすい環境づくりが大切ですよね。

 

ドナーに対する問診、採血装置の操作、採血、そして予後のケアなど、
単純作業が続くために職場を離れる方もいますが、
全体的には働きやすい職場が多くなっています。

 

給料については日本赤十字社が規定しているものになります。
この辺りは安定して支給されるという安心感がありますよね。

各種手当についても、時間外や通勤手当などが支給されますよ。
休日についても、基本週休二日制が守られていますし、
土日などに出勤になった場合には、振替休日を得ることが出来ます。

 

夏季や冬季などにまとまった休みも取得できます。
社会保険や福利厚生についても、
かなり手厚い内容になっていますよ。

血液センターには託児施設があることは少なくなりますが、
それでも育児についての理解は大変ある職場です。

 

子育て中のママナースでも勤務はしやすい環境にはあります。

もし、血液センターの勤務を希望するという方は、
ぜひ地域の血液センターに
問い合わせをしてみていただきたいと思います。

,

どんな人が血液センターには向いているの?

 

donna通常の病棟勤務の看護師や医療機関で働く看護師に比べると、
血液センターで働く看護師に必要になるのが、
コミュニケーション能力です。

血液を提供してくれるドナーは健康な方で、
ボランティアで血液を提供してくれます。

 

看護師はこのドナーに対して心地よく過ごしてもらう事、
最小限の苦痛で採決をすることに気を配ることになります。

世間話などをしながらドナーをリラックスさせること
などが必要になりますよね。

 

社会人としてのマナーなども、
病院に勤務する看護師に比べると身に付きやすくなります。

看護師の常識と一般社会の常識は異なることもありますが、
一度血液センターの仕事をすると、
その違いが見えてくることもあるんです。

 

ただ、他の仕事に比べると行う医療行為は限られます。
看護師としてのキャリアアップ、
スキルアップのは向いていない仕事ではあります。

 

看護師の給料水準はもともと高いものですが、
血液センターの看護師は一般的な水準に比べるとやや低めになります。

これは夜勤がないことや、
残業が殆どないことによって、
看護師の給料の大半を占めている手当の部分が薄くなるからなんです。

 

給料に強いこだわりがある
という人にはあまり向いていませんよね。

どちらかというと、自分の時間を有効活用し、
人とコミュニケーションを取りながら、
社会貢献度の高い仕事をしたい。

 

看護師免許を有効活用した仕事であればなおいい。

など給料へのこだわりや、
看護技術向上についてのこだわりがない人の方がいいようです。

,

血液センターの仕事に向いていない人は?

muiteinai血液センターの仕事は、
基本的には残業がないと言われていますよね。

業務内容は輸血用や血液製剤の製造に使用する血液の採取で、
ドナーから献血をしていただくために、
ドナーの事前問診検査や、採血装置を操作する事、
採血作業、事務作業や機材管理になります。

 

献血自体が基本的には日中のみの仕事なので、
残業は殆どありませんが、血液センター勤務の場合には、
献血バスの乗車のために残業や早出があることもあります。

 

残業がないからと思っていたのに。
という子育て中の看護師などでは、
対応が難しいために採用されない。

ということはあります。

 

また残業が少ないために、
どうしても給料については安くなります。

より高い収入を考えている看護師にとっても、
あまり向いていない仕事なんですよね。

 

献血の仕事というのは、
実は看護師としてのキャリア向上には
向いていない仕事になります。

様々な医療に関する知識を得ることが出来るとか、
さまざまな看護技術を磨くことが出来る職場ではありません。

 

仕事としては単調ですので、
このような職場環境に合わない人もいます。

求人に応募するときには、
まず自分の適性や看護師として何を目指しているのか。

 

血液センターが求めている人材像と、
自分が合っているのかなどをチェックしてから、
求人に応募することがとても大切になる職場です。

,

働きやすい血液センターって、どんな仕事?求人は?

sigoto献血に携わる看護師の勤務時間は、
基本的には日中のみ、
大体一般的な企業の勤務時間である
9時~17時ということが多くなります

職場によっては勤務時間に違いはありますが、
夜勤はありません。

 

仕事内容としても、ドナーの方の健康チェック、
採血準備、採血、そして予後のケア
といった看護師の仕事としては単純作業を繰り返すことになりますよね。

このような単純作業が苦ではない、
できれば日勤のみで働きたいという人にとっては、
かなりおすすめの職場といえます。

 

 

また、ドナーと世間話などをかわしながら
仕事をすることになりますので、お話好き。
という人は楽しく仕事が出来そうです。

穿刺技術については研ぎ澄まされていきますので、
腕を見ただけでも、あの人は穿刺しやすそうだ。
などパッと考えられるようになりますよ。

 

 

血液センターは必ずしも定時間で終了するわけではありません。
献血バスなどにのって地域を回るという仕事の場合には、
どうしても早出や残業などが起こってくる可能性はあります。

それでも、早出や残業に対する手当はしっかり支払われますので、
安心して働くことが出来ますよね。

 

献血バスに乗車すると、乗車手当なども支払われますよ。

基本的には働きやすい環境であることが多いので、
血液センターの求人はあまり頻繁には行われていません。
これは欠員があまり出ないからのようですね。

,

meritto血液センターや献血ルームで働く看護師には
いくつかのメリットがありますよね。

 

まずは土日が休みであることが多く、
規則正しい生活が期待できるということ。
夜勤がないこと。

相手が健康な方なので、緊急性がある。
という精神的なプレッシャーを感じずに済むと言ったものです。

 

看護師の職場の中では、
張り詰めた緊張感がない、
数少ない職場とも言えますよね。

また、難しい技術や医療知識を
覚えなければならない仕事とも言えません。

 

穿刺技術や、
ドナーの方が体調を崩された時には
的確に判断する能力。

などは必要ですが、
臨床経験を持つ看護師であれば、
これらも身についているものです。

 

ただ、血液センターや献血ルームの看護師は、
給料が安めというデメリットがあります。

夜勤がなく、
残業もほとんどない状態では、
給料麺が高くなる理由はあまりありませんよね。

 

さまざまな医療に関する知識を得たい、
看護技術の向上を図りたいといった、
上昇志向、キャリア志向が高い人の場合には、かなりものたりない職場です。

医療行為自体はあまりありませんし、
仕事としてはかなり単調です。

 

看護師としてのキャリアアップには向いているとは言えません。
ただ、社会人としてのマナーや対応能力などは身に就く職場ではありますよ。

,

応募に際してチェックしておきたいことは?

cheku血液センターの求人は
人気があると言われていますよね。

でも、実際に応募するためには、
条件が合っている必要があります。

 

血液センターの求人に応募するには、
年齢制限や経験年数などの条件があるケースは多く、
他にも勤務可能な日にちについての条件などもありますので、
これに合っている人だけ応募可能ということになりますよね。

応募に際して必要になる書類につても、
実は定型のフォーマットがある場合などもあります。

 

また、選考の際には小論文の提出が必要
というケースもありますよ。

応募しようとするときになって、
慌ててしまう事がないように、
まずは応募できる条件などをしっかりとチェックすることが大切になります。

 

求人の応募要件をチェックすることは大事ですが、
同時に自分にとって良い条件の求人なのかも
チェックする必要があります。

例えば、給料というのは必ずチェックしておきたいことですよね。
血液センターの場合、
明確に給料が提示されていることはあまり多くありません。

 

参考程度に初年度の給料が記載されていることはありますので、
これを目安にしてもいいですね。

また、直接確認するということも
必要に応じて行うようにしましょう。

 

手当などの点もチェックしておきたいですよね。

看護師が就職することが出来る職場は、
決して血液センターだけではありません。
しっかりとチェックして応募することをお勧めします。

,

sukiru血液センターの勤務というのは、
直接患者さんのケアにあたる仕事ではありません。

新卒看護師にとっては、
看護師ではなくてもいいのでは?
と感がる人もいるかもしれませんね。

 

でも、血液センターの仕事というのは、
間接的に患者さんのために必要な仕事です。

血液を採取し、
その血液から血液製剤を作ったり、
直接輸血のために使われるものです。

 

中にはその血液製剤や
輸血によって救われる命もあります。

血液センターでは献血前に血液検査を行ったり、
ドナーに対する健康指導や
相談に乗るという重要な役割もあります。

 

実は役割としては臨床現場で働く看護師同様に重い物であり、
やりがいも見出すことが出来る職場でもあるんですよ。

 

血液センターと病棟勤務とでは、
身に付くスキルというものも変わってきます。

 

病棟では看護スキルについては向上して行きます。
一方で、看護師独特の職場環境ということもあり、
どこか社会とはずれた感覚が育ってしまう事はあります。

血液センターでは実は社会人としてのスキルが身に付きやすく、
特に対人関係のコミュニケーションスキル、
接客業としてのスキルは向上すると言われています。

 

また穿刺スキルなどはずば抜けて向上します。

ただ、看護職ということだけみると、
給料面は病棟よりは低くなることが多くなります。

 

夜勤や残業が少ないためで、
業務内容から考えると給料水準は
決して低いわけではありません。

,

血液センターは簡単・楽な仕事では決してない

raku血液センターで働くということを選ぶ。
という新卒ナースもいるようです。

この血液センターは夜勤などがないために
働きやすいと考える人もいますが、
実際には確実な看護技術が必要な職場でもあるので、
簡単、楽そうという気持ちで入職するのは考えが甘い職場でもあるんです。

 

血液センターは採血をする機会がとても多く、
少ない痛みで採決をする必要があります。

献血をしてくれる方は
無償で血液を提供して下さるボランティアです。

 

健康確認をはじめ、
採血の間快適に過ごしていただく必要もあります。

血液センターでは採取した血液を
一滴も無駄にすることは許されません。

 

確実に作業をこなし、
仕事をしていく必要があります。

血液センターでは匿名での献血は受け付けておらず、
個人情報などをお伺いする機会が多くなります。

 

血液型をはじめ、血液提供者の個人情報を取り扱うことも多くなりますので、
これらの個人情報の取扱には気を使う必要がありますよね。

血液の採血の間には、
提供者の健康管理も行うことが必要です。

 

体調を崩してしまう方も皆無ではありませんし、
献血後についても指導を行う必要があります。

このような気を配る必要がある点なども、
血液センター勤務ではあるんですよ。

,

献血センター看護師の驚きの給与額

正社員の給料はいくらぐらい?

ijega
看護師といえば病院というイメージが強いですが、
献血の現場で働く看護師もたくさんいます。

献血の現場での主な業務としては、
ドナーから採血を適切に行うという業務が
メインになります。

 

この現場での特徴としては、
病棟勤務のように夜勤がないという特徴があります。

ですから、子育ての中の人や、
他の夜勤ができない事情がある人などにとっては
魅力的な職場であると考えられます。

 

気になる給料ですが、正社員であれば、
月20万円周辺くらいが相場
と考えられます。

 

パートは日給制が多い

病棟勤務のように夜勤手当がつかないですから、
病院での病棟勤務に比べると給料は多くありません。

しかし、夜勤がないだけではなく、
始業時間が遅かったり、残業などがなかったり、
休日に関しても比較的多いというメリットがあります。

 

また、給与に関しては、経験加算などがありますから、
ある程度の実務経験がある場合は、
さらに収入は多くなると考えられます。

一方、パートでの勤務の給与に関しては、
日給制となっているところが多く、
日給8000円から9000円くらいの額
になっています。

 

また、交通費も支給されますし、
時間についても余裕のある
シフトを組むことができます。

ですので、子育て中のナースでも
時間に追われることなく働くことができます。

 

病院勤務の看護師よりは少ない給料

hbwagkeakeigw
献血センターの看護師の給料は、
普通の病院で勤めるよりは下がるといわれています。

夜勤勤務がなく、その分の手当は減ってきます。
その他の手当としては
地域手当などが付く場合もあります。

 

地域によって
地域手当は変わってきます。

勤続年数が長くなってくると、
住居に住む場合の住居手当や扶養手当も
付いてくるところがあります。

 

残業などがあれば、
プラス時間外手当も付いてきます。

その他の手当としては、
雇用保険や社会保険があります。

 

それらの手当が付いてくると、
初年度でも給与が年に
350万円程度となってくることが多くなってきます。

 

献血 求人

 

色々な手当がもらえる事も!

勤続年数が長くなるにつれて
時間外手当が高くなるといったこともあるので、
長く勤めれば勤めるほど給与は高くなっていきます。

通勤手当が出るところもあります。
通勤手当があると、上限はありますが
定期代を出してもらえるのでさらに助かります。

 

休日に出勤した場合は、休日手当も付いてきますし、
年末年始などに出勤すると
特別手当がもらえるといったところもあります。

 

このように献血センターで働く場合も、
いろいろな手当が付いているところが多くあります。

今従事している人も
どのような手当が付いているのかを
確かめてみても良いのではないでしょうか。

 

,