献血センター看護師の驚きの給与額

正社員の給料はいくらぐらい?

ijega
看護師といえば病院というイメージが強いですが、
献血の現場で働く看護師もたくさんいます。

献血の現場での主な業務としては、
ドナーから採血を適切に行うという業務が
メインになります。

 

この現場での特徴としては、
病棟勤務のように夜勤がないという特徴があります。

ですから、子育ての中の人や、
他の夜勤ができない事情がある人などにとっては
魅力的な職場であると考えられます。

 

気になる給料ですが、正社員であれば、
月20万円周辺くらいが相場
と考えられます。

 

パートは日給制が多い

病棟勤務のように夜勤手当がつかないですから、
病院での病棟勤務に比べると給料は多くありません。

しかし、夜勤がないだけではなく、
始業時間が遅かったり、残業などがなかったり、
休日に関しても比較的多いというメリットがあります。

 

また、給与に関しては、経験加算などがありますから、
ある程度の実務経験がある場合は、
さらに収入は多くなると考えられます。

一方、パートでの勤務の給与に関しては、
日給制となっているところが多く、
日給8000円から9000円くらいの額
になっています。

 

また、交通費も支給されますし、
時間についても余裕のある
シフトを組むことができます。

ですので、子育て中のナースでも
時間に追われることなく働くことができます。

 

病院勤務の看護師よりは少ない給料

hbwagkeakeigw
献血センターの看護師の給料は、
普通の病院で勤めるよりは下がるといわれています。

夜勤勤務がなく、その分の手当は減ってきます。
その他の手当としては
地域手当などが付く場合もあります。

 

地域によって
地域手当は変わってきます。

勤続年数が長くなってくると、
住居に住む場合の住居手当や扶養手当も
付いてくるところがあります。

 

残業などがあれば、
プラス時間外手当も付いてきます。

その他の手当としては、
雇用保険や社会保険があります。

 

それらの手当が付いてくると、
初年度でも給与が年に
350万円程度となってくることが多くなってきます。

 

献血 求人

 

色々な手当がもらえる事も!

勤続年数が長くなるにつれて
時間外手当が高くなるといったこともあるので、
長く勤めれば勤めるほど給与は高くなっていきます。

通勤手当が出るところもあります。
通勤手当があると、上限はありますが
定期代を出してもらえるのでさらに助かります。

 

休日に出勤した場合は、休日手当も付いてきますし、
年末年始などに出勤すると
特別手当がもらえるといったところもあります。

 

このように献血センターで働く場合も、
いろいろな手当が付いているところが多くあります。

今従事している人も
どのような手当が付いているのかを
確かめてみても良いのではないでしょうか。

 

,