sukiru血液センターの勤務というのは、
直接患者さんのケアにあたる仕事ではありません。

新卒看護師にとっては、
看護師ではなくてもいいのでは?
と感がる人もいるかもしれませんね。

 

でも、血液センターの仕事というのは、
間接的に患者さんのために必要な仕事です。

血液を採取し、
その血液から血液製剤を作ったり、
直接輸血のために使われるものです。

 

中にはその血液製剤や
輸血によって救われる命もあります。

血液センターでは献血前に血液検査を行ったり、
ドナーに対する健康指導や
相談に乗るという重要な役割もあります。

 

実は役割としては臨床現場で働く看護師同様に重い物であり、
やりがいも見出すことが出来る職場でもあるんですよ。

 

血液センターと病棟勤務とでは、
身に付くスキルというものも変わってきます。

 

病棟では看護スキルについては向上して行きます。
一方で、看護師独特の職場環境ということもあり、
どこか社会とはずれた感覚が育ってしまう事はあります。

血液センターでは実は社会人としてのスキルが身に付きやすく、
特に対人関係のコミュニケーションスキル、
接客業としてのスキルは向上すると言われています。

 

また穿刺スキルなどはずば抜けて向上します。

ただ、看護職ということだけみると、
給料面は病棟よりは低くなることが多くなります。

 

夜勤や残業が少ないためで、
業務内容から考えると給料水準は
決して低いわけではありません。

,
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.