donna通常の病棟勤務の看護師や医療機関で働く看護師に比べると、
血液センターで働く看護師に必要になるのが、
コミュニケーション能力です。

血液を提供してくれるドナーは健康な方で、
ボランティアで血液を提供してくれます。

 

看護師はこのドナーに対して心地よく過ごしてもらう事、
最小限の苦痛で採決をすることに気を配ることになります。

世間話などをしながらドナーをリラックスさせること
などが必要になりますよね。

 

社会人としてのマナーなども、
病院に勤務する看護師に比べると身に付きやすくなります。

看護師の常識と一般社会の常識は異なることもありますが、
一度血液センターの仕事をすると、
その違いが見えてくることもあるんです。

 

ただ、他の仕事に比べると行う医療行為は限られます。
看護師としてのキャリアアップ、
スキルアップのは向いていない仕事ではあります。

 

看護師の給料水準はもともと高いものですが、
血液センターの看護師は一般的な水準に比べるとやや低めになります。

これは夜勤がないことや、
残業が殆どないことによって、
看護師の給料の大半を占めている手当の部分が薄くなるからなんです。

 

給料に強いこだわりがある
という人にはあまり向いていませんよね。

どちらかというと、自分の時間を有効活用し、
人とコミュニケーションを取りながら、
社会貢献度の高い仕事をしたい。

 

看護師免許を有効活用した仕事であればなおいい。

など給料へのこだわりや、
看護技術向上についてのこだわりがない人の方がいいようです。

,
Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.