血液センターは簡単・楽な仕事では決してない

raku血液センターで働くということを選ぶ。
という新卒ナースもいるようです。

この血液センターは夜勤などがないために
働きやすいと考える人もいますが、
実際には確実な看護技術が必要な職場でもあるので、
簡単、楽そうという気持ちで入職するのは考えが甘い職場でもあるんです。

 

血液センターは採血をする機会がとても多く、
少ない痛みで採決をする必要があります。

献血をしてくれる方は
無償で血液を提供して下さるボランティアです。

 

健康確認をはじめ、
採血の間快適に過ごしていただく必要もあります。

血液センターでは採取した血液を
一滴も無駄にすることは許されません。

 

確実に作業をこなし、
仕事をしていく必要があります。

血液センターでは匿名での献血は受け付けておらず、
個人情報などをお伺いする機会が多くなります。

 

血液型をはじめ、血液提供者の個人情報を取り扱うことも多くなりますので、
これらの個人情報の取扱には気を使う必要がありますよね。

血液の採血の間には、
提供者の健康管理も行うことが必要です。

 

体調を崩してしまう方も皆無ではありませんし、
献血後についても指導を行う必要があります。

このような気を配る必要がある点なども、
血液センター勤務ではあるんですよ。

,